2016年春 新幹線・新函館北斗延伸

虔十公園林 宮沢賢治生誕120年記念出版 電子書籍版「虔十公園林」販売サイト 虔十公園林Amazonサイト 虔十公園林Amazonサイト 「注文の多い料理店」Amazon販売サイトへ 「注文の多い料理店」Amazon販売サイトへ 電子書籍版「注文の多い料理店」販売サイト セロ弾きのゴーシュAmazon販売サイト セロ弾きのゴーシュAmazon販売サイト


  「賢治生誕120年に合わせ3部作完成」読売新聞で紹介されました(2016年8月20日)
  「注文の多い料理店」「虔十公園林」が、読売新聞で紹介されました(2016年6月29日)
  「虔十公園林」が、函館新聞で紹介されました(2016年5月8日)

来たくなったら自分で探そう 新幹線・新函館北斗開業 緊急出版 来たくなったら自分で探そう「印刷版」販売サイト 来たくなったら自分で探そう「電子版」販売サイト


『来たくなったら自分で探そう』配本状況———
・4月1日より函館市内書店(函館蔦屋書店を除く)で販売開始。
・函館市地域交流まちづくりセンター内Cafe DripDrop、立待岬物語(市電谷地頭電停前)、ラビスタ函館ベイ1階売店(宿泊者以外でもお立ち寄りになれます)、カフェテリア・モーリエ(船見町外国人墓地横)でもお買い求めいただけます。
  朝日新聞で紹介されました(2016年5月5日)
  北海道新聞で紹介されました(2016年4月25日)
  函館新聞で紹介されました(2016年4月17日)
  読売新聞で紹介されました(2016年4月12日)
  函館新聞で紹介されました(2016年4月8日)
  毎日新聞で紹介されました(2016年4月7日)


北海道新聞連載コラムから誕生した、佐藤国男の痛快エッセイ 山猫博士のひとりごと が、電子書籍で甦りました

宮沢賢治童話の版画家「山猫博士」佐藤国男の『すきとおったほんとうのたべもの』 コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ kindle版販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ


       朗読とBGMが試聴できます 

 

宮沢賢治童話の版画家「山猫博士」佐藤国男の『おかしな絵を見たらピカソといった』 kindle版販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ


       朗読とBGMが試聴できます 

 

宮沢賢治童話の版画家「山猫博士」佐藤国男の『ぼくらはみんなヘビだった』 kindle版販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ


       朗読とBGMが試聴できます 

 

宮沢賢治童話の版画家「山猫博士」佐藤国男の『函館市東山、山猫工房は珍客万来』 kindle版販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ


       朗読とBGMが試聴できます 

 

宮沢賢治童話の版画家 佐藤国男の『〈セレクション〉山猫博士のひとりごと』 コンテン堂販売サイトへ

 

 

宮沢賢治生誕120年 賢治童話和英対訳音声付き電子書籍 コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ コンテン堂販売サイトへ

    週刊文春で紹介されました(2015年3月5日号)

    北海道新聞で紹介されました(2015年1月30日)

    読売新聞で紹介されました(2014年12月20日)
 

 

函館ガイドの決定版『市電でめぐる函館100選』
電子書籍でもどうぞ

北海道新幹線と市電で函館を楽しむ コンテン堂の売場へ 紀伊國屋書店の売り場へ Amazonの売り場へ

函館の路面電車沿線の
必見スポット100を厳選。
久々登場の函館の本格派ガイドブックに
リフロータイプの電子書籍版が登場。
価格も印刷版の約半額と
お求めやすくなっています。

印刷書籍版のご案内 Amazon(アマゾン)の販売サイトへ

市電でめぐる函館100選電子書籍の画面

市電でめぐる函館100選 販売サイト

画面の小さなスマホでも見やすい地図・写真。
昔の写真や新旧町並みを対比した地図も掲載。
ダウンロード購入で、今すぐご覧いただけます。

函館のおみやげに『市電でめぐる函館100選』連動絵葉書

市電でめぐる函館100選 連動絵葉書

絵葉書連動スマホサイト

『市電でめぐる函館100選』から、
絵になるスポットをセレクトして絵葉書に。
QRコードでアクセスすれば、
別アングル写真や詳しい説明文が。
函館山ロープウェイ駅、立待岬物語(谷地頭電停前土産物店)、函館元町ホテルで発売中

こんなのもあります。
リアル書籍でも、電子書籍でも読める made in 函館の本

縄文の本チラシ 電子書籍販売サイトへ


    函館新聞で紹介されました(2015年7月6日)
    北海道新聞で紹介されました(2015年6月16日)
 

 

このページはここまでです